vivo daily stand 目黒店

vivo daily stand 目黒店は、フレンチデリとデイリーワイン、コーヒーを提供する地域密着型バルです。

カテゴリ: デリ

こんばんは。



毎週土曜日に入れ替わるvivoのデリ。

今回はムール貝とマッシュルームのグラタンをご紹介。

ムール貝とマッシュルームのグラタン(400/440)
スクリーンショット 2020-03-20 12.53.01

ムール貝、ベーコン、マッシュルームをホワイトソースで包んだシンプルなグラタン。グラタンの味付けはシンプルが一番ですよね。(笑)

季節の変わり目、ちょっと温かいもの食べたいな〜という方、是非白ワインと一緒に召し上がれ。


ムール貝は、タンパク質、資質、炭水化物の三大栄養素がバランスよく含まれている食材なんです。
また、ビタミンや鉄分、葉酸も豊富なのでこちらも今週のもう一つのデリで使われている菜の花同様、女性の健康維持には嬉しい食材です[1]。

ムール貝は野菜や果物にはあまり含まれていない「ビタミンB12」が含まれており、このビタミンB12は、DNAの合成や調整に関わっているので、健康のためにも是非とも摂取したい食材の一つと言えるでしょう[2]。


この機会に是非召し上がれ。


本日もvivo daily stand目黒店をよろしくお願いいたします。


参考リンク
[1]ムール貝ー酒蒸しはおつまみにもぴったりーナポリの窯グルメ
[2]イガイ/ムール貝/ムラサキイガイの栄養価と効用:旬の魚介百科



vivoシェフ 花本さんのレシピ本はこちらからどうぞ。











ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公式HP】vivo daily stand
【目黒店メニュー(食べログ)】


vivo daily stand 目黒店

品川区上大崎2-15-5

tel : 03-6277-2785

hours : 年中無休 17時-26時
※ノーチャージ
※無料Wi-Fi有

詳しいアクセスはこちらからどうぞ

こんにちは。

毎週入れ替わるvivoのデリ。

今回は菜の花のアーリオ・オーリオをご紹介。


菜の花のアーリオ・オーリオ(400/440)

スクリーンショット 2020-03-20 12.52.46



イタリアの冷菜の定番「アーリオ・オーリオ」。

塩茹でした菜の花をガーリックオイルでシンプルに仕上げました。
この前まで提供していた春菊のアーリオ・オーリオも大変人気でしたが、菜の花verも召し上がれ。

そして、この「アーリオ・オーリオ」について、

・「アーリオ」=ニンニク
・「オーリオ」=オリーブオイル


を指すんです。知ってましたか?


ここで豆知識。
「菜の花」についてのお話です。

冬〜早春にかけてスーパーに並び、春の訪れを感じさせてくれるお野菜「菜の花」。

「菜の花」は、ビタミンB群、カルシウム、鉄分が多く含まれているので、美容を気にされている女性には是非とも摂取していただきたい食材です[1]。

また、非常に多くのカロテンを含んでおり、βカロテンは、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺などの呼吸器系統を守る働きがあるとされています[2]。

コロナに負けないように、菜の花で予防必須です!!!!(笑)



本日もvivo daily stand目黒店をよろしくお願いいたします。



参考リンク
[1]【春野菜】菜の花の栄養とおすすめレシピーNadia
[2]菜の花(なばな)・アスパラ菜・紅菜苔:栄養価と効能ー旬の食材百科


vivoシェフ 花本さんのレシピ本はこちらからどうぞ。












ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公式HP】vivo daily stand
【目黒店メニュー(食べログ)】


vivo daily stand 目黒店

品川区上大崎2-15-5

tel : 03-6277-2785

hours : 年中無休 17時-26時
※ノーチャージ
※無料Wi-Fi有

詳しいアクセスはこちらからどうぞ

こんにちは。

今日は、vivoのデリで入れ替わって登場したチーズ、
ゴルゴンゾーラ」についてのお話です。

この記事はきっと3分で読めます。(笑)
食事は、知識がある方が楽しめますよね。
ぜひ最後まで一読していただけると嬉しいです。

世界三大「ブルーチーズ」



イタリアの代表的な「ゴルゴンゾーラ」は、世界三大ブルーチーズの一つ。
ちなみに、他の2つは「スティルトン」と「ロックフォール」です。

ブルーチーズはクセがあるので好き嫌い分かれるかもしれないですが、
最近では、「家飲み」の需要が拡大したことや、テレビでも「ブルーチーズは血管年齢若返り効果がある」などと宣伝されたことなどもあり、国内ではチーズの消費量の伸長が続いているんです。[1]


0EE68E5A-27BD-4B0C-A96C-870ECF1F942F
 

ゴルゴンゾーラの起源

ゴルゴンゾーラは大変歴史の長いチーズで、初めてゴルゴンゾーラチーズが製造されたのはとある資料によると879年。
イタリアのミラノ近郊に位置する「ゴルゴンゾーラ村」から、この名前がつけられました。(現在はこの地域では無く、ロンバルディア州からピエモンテ州にかけての限定された地域で生産されているとのこと)
ゴルゴンゾーラは、1996年に統制原産地呼称(DOP)*を取得しています。

*DOP(=Senominazione di Origine Protetta)は、イタリアにおける原産地名称保護制度のこと。イタリアワイン、チーズなどの伝統的食材に対し、品質管理と産品保護のため地域を指定した上、基準を満たすものに飲み特定原産地の名称を付して販売することを許可する制度のこと。[4]


ゴルゴンゾーラの「甘口」「辛口」

ゴルゴンゾーラは、「カード」と呼ばれる、チーズの元と、青カビを交互に乗せることであの味わいと美しい大理石のような模様を形成しています。[2]
そして、このゴルゴンゾーラには甘口の「
ドルチェ」と、辛口の「ピッカンテ」の2種類があります。

ピッカンテは青カビの量が多く、辛味が強く感じられます。もう一方、ドルチェはクリーミーでマイルドな味わいを感じることができます。
現在流通しているゴルゴンゾーラの多くはそのまま食べても食べやすい「ドルチェ」です。[3]


ゴルゴンゾーラの食べ方


ゴルゴンゾーラは、先ほど紹介したように2つの種類がありますが、ドルチェは柔らかいので、そのままパスタの味付けのアクセントにしたり、リゾットやピザに乗せるもよし。そのままディップとして野菜スティックにつけて食べるのもおすすめです。

日本では料理の味付けとして使われることも多いですが、実はヨーロッパの方では、蜂蜜や果物といった「甘み」と一緒に楽しむのもポピュラーな食べ方なので、是非お試しあれ。

参考リンク
[1]チーズ消費量、4年連続で過去最高 課題は市場の裾野拡大と成長持続(2019.08.07)- 日本食糧新聞
[2]ゴルゴンゾーラチーズ ー CHEESE BOOK
[3]ゴルゴンゾーラチーズ ー 一度はまると虜になる魅惑のチーズ(2016.02.12)ナポリの窯 グルメブログ
[4]デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・プロテッタ(Wikipedia)

--------------------------------------
【vivo daily stand 目黒店】

▶︎淹れたてのコーヒーでお仕事帰りにホッと一息どうぞ☕

ホットコーヒー  400(432)
カフェオレ    500(540)

▶︎レディースセット 950円(1045円)

※17:00〜20:00
女性限定!お得なレディースセットございます。
〔デリ2品+ドリンク1〕or 〔デリ1品+ドリンク2〕

---------------------------------------
【公式HP】vivo daily stand

【目黒店メニュー(食べログ)】

vivo daily stand 目黒店
品川区上大崎2-15-5
JR「目黒駅」より徒歩 3分

※詳しいアクセスはこちらから

※ノーチャージ
※無料Wi-Fi有(Passwordはメニューorブログトップ)
tel : 03-6277-2785
hours : 年中無休 17時-26時

↑このページのトップヘ