vivo daily stand 目黒店

vivo daily stand 目黒店は、フレンチデリとデイリーワイン、コーヒーを提供する地域密着型バルです。

カテゴリ: デリ

こんにちは。

今日は、vivoのデリで入れ替わって登場したチーズ、
ゴルゴンゾーラ」についてのお話です。

この記事はきっと3分で読めます。(笑)
食事は、知識がある方が楽しめますよね。
ぜひ最後まで一読していただけると嬉しいです。

世界三大「ブルーチーズ」



イタリアの代表的な「ゴルゴンゾーラ」は、世界三大ブルーチーズの一つ。
ちなみに、他の2つは「スティルトン」と「ロックフォール」です。

ブルーチーズはクセがあるので好き嫌い分かれるかもしれないですが、
最近では、「家飲み」の需要が拡大したことや、テレビでも「ブルーチーズは血管年齢若返り効果がある」などと宣伝されたことなどもあり、国内ではチーズの消費量の伸長が続いているんです。[1]


0EE68E5A-27BD-4B0C-A96C-870ECF1F942F
 

ゴルゴンゾーラの起源

ゴルゴンゾーラは大変歴史の長いチーズで、初めてゴルゴンゾーラチーズが製造されたのはとある資料によると879年。
イタリアのミラノ近郊に位置する「ゴルゴンゾーラ村」から、この名前がつけられました。(現在はこの地域では無く、ロンバルディア州からピエモンテ州にかけての限定された地域で生産されているとのこと)
ゴルゴンゾーラは、1996年に統制原産地呼称(DOP)*を取得しています。

*DOP(=Senominazione di Origine Protetta)は、イタリアにおける原産地名称保護制度のこと。イタリアワイン、チーズなどの伝統的食材に対し、品質管理と産品保護のため地域を指定した上、基準を満たすものに飲み特定原産地の名称を付して販売することを許可する制度のこと。[4]


ゴルゴンゾーラの「甘口」「辛口」

ゴルゴンゾーラは、「カード」と呼ばれる、チーズの元と、青カビを交互に乗せることであの味わいと美しい大理石のような模様を形成しています。[2]
そして、このゴルゴンゾーラには甘口の「
ドルチェ」と、辛口の「ピッカンテ」の2種類があります。

ピッカンテは青カビの量が多く、辛味が強く感じられます。もう一方、ドルチェはクリーミーでマイルドな味わいを感じることができます。
現在流通しているゴルゴンゾーラの多くはそのまま食べても食べやすい「ドルチェ」です。[3]


ゴルゴンゾーラの食べ方


ゴルゴンゾーラは、先ほど紹介したように2つの種類がありますが、ドルチェは柔らかいので、そのままパスタの味付けのアクセントにしたり、リゾットやピザに乗せるもよし。そのままディップとして野菜スティックにつけて食べるのもおすすめです。

日本では料理の味付けとして使われることも多いですが、実はヨーロッパの方では、蜂蜜や果物といった「甘み」と一緒に楽しむのもポピュラーな食べ方なので、是非お試しあれ。

参考リンク
[1]チーズ消費量、4年連続で過去最高 課題は市場の裾野拡大と成長持続(2019.08.07)- 日本食糧新聞
[2]ゴルゴンゾーラチーズ ー CHEESE BOOK
[3]ゴルゴンゾーラチーズ ー 一度はまると虜になる魅惑のチーズ(2016.02.12)ナポリの窯 グルメブログ
[4]デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・プロテッタ(Wikipedia)

--------------------------------------
【vivo daily stand 目黒店】

▶︎淹れたてのコーヒーでお仕事帰りにホッと一息どうぞ☕

ホットコーヒー  400(432)
カフェオレ    500(540)

▶︎レディースセット 950円(1045円)

※17:00〜20:00
女性限定!お得なレディースセットございます。
〔デリ2品+ドリンク1〕or 〔デリ1品+ドリンク2〕

---------------------------------------
【公式HP】vivo daily stand

【目黒店メニュー(食べログ)】

vivo daily stand 目黒店
品川区上大崎2-15-5
JR「目黒駅」より徒歩 3分

※詳しいアクセスはこちらから

※ノーチャージ
※無料Wi-Fi有(Passwordはメニューorブログトップ)
tel : 03-6277-2785
hours : 年中無休 17時-26時

こんにちは。

毎週土曜日に入れ替わるvivoのデリ。
今回は、2つ目「グリーンピースとレタスのクリーム煮」をご紹介。

②グリーンピースとレタスのクリーム煮



18293EEB-5A9A-432F-970C-27F26EF48832
 

なかなか日本の「バル」形式のレストランでもみかけない料理ですが、実はフランスではポピュラーな野菜料理。

グリーンピースとレタスを1時間ほどコトコト煮込み、
砂糖などを一切加えず、野菜の甘みを存分に堪能できる逸品です。

vivoシェフ花本さん曰く、
個人的には青豆はこのメニューが一番美味しく食べれる、とのこと。

グリーンピースは、苦手な人が多いイメージですが、
実は野菜の中でも、ビタミンB群の含有量はトップクラスだということをご存知でしたか?
さらに、食物繊維も豊富に含まれているので便秘解消にも◎

ミネラルも含まれているので、お酒を飲まれる方には嬉しい食材です。[1]


過去の花本さんのデリ紹介記事はこちらからどうぞ
ビーボの人気DELI 1 <グリーンピースとレタスのクリーム煮>(2014/04/17)ー 花本のDELIとWINEについてのブログ

グリーンピースが苦手!という方にも是非とも味わっていただきたい逸品です。
おすすめ白ワインと一緒にどうぞ!




本日もvivo daily stand目黒店、17時からオープンしております。
コロナに負けず!お待ちしております。



参考リンク
[1]グリーンピース ー とれたて大百科 野菜のチカラをもっと知る(JAグループ)




vivoシェフ 花本さんのレシピ本はこちらからどうぞ。















ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公式HP】vivo daily stand
【目黒店メニュー(食べログ)】

vivo daily stand 目黒店

品川区上大崎2-15-5

tel : 03-6277-2785

hours : 年中無休 17時-26時
※ノーチャージ
※無料Wi-Fi有

詳しいアクセスはこちらからどうぞ
 続きを読む

こんにちは。

毎週土曜日に入れ替わるvivoのデリ。
今回は、1つ目、「ホタルイカのタブレ」をご紹介します。

①ホタルイカのタブレ

748C321D-70E9-4844-8950-8F76BF5EB198
 
この時期、旬のホタルイカと、きゅうり、トマトをvivo流クスクスにのせたサラダ。
味付けはフレンチドレッシングでシンプルに。


前に、小エビを使った同じ「タブレ」というメニューがありましたが、

「タブレって何?」と思われている方も多いのでは?

「タブレ」とは、フランスの国民食で、「クスクス」を使ったパスタのことを指します。[1]
世界最小のパスタとも言われているクスクス、最近デパートとかでも見かけるようになりましたね。

元々は、他のパスタ同様、ベージュ色をしているクスクスですが、vivoのクスクスは赤い。
これは、トマトジュースと、パプリカのピューレを入れてパスタを戻しているからなんです。
すごい。花本さんのこだわり。(笑)
なので、vivoのタブレはクスクスだけで食べても美味しいんです。

そしてメインのホタルイカですが。
恒例の、栄養価チェック。(笑)
ホタルイカにはどのような栄養価があるかご存知ですか?

ホタルイカには、強い抗酸化作用で知られているビタミンEが豊富なので、生活習慣病の予防に役立ちます。
さらに、肝臓に嬉しいタウリンも豊富に含まれているので、お酒のつまみにも嬉しいですね。[2]
(最近肝臓がやられ気味なので私もホタルイカに頼りたい・・・)



ホタルイカはこの季節だけ。
4月上旬には無くなってしまうデリなので今のうちに召し上がれ!


参考リンク
[1]フランスの国民食!クスクスを使ったタブレのレシピ ー PARIS mag
[2]ホタルイカ/ほたるいかの栄養価と効能:旬の魚介百科




vivoシェフ 花本さんのレシピ本はこちらからどうぞ。















ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【公式HP】vivo daily stand
【目黒店メニュー(食べログ)】

vivo daily stand 目黒店

品川区上大崎2-15-5

tel : 03-6277-2785

hours : 年中無休 17時-26時
※ノーチャージ
※無料Wi-Fi有

詳しいアクセスはこちらからどうぞ
 

↑このページのトップヘ